MENU

審査に通過できない人の特徴

カードローンの申し込みをしても審査に通過できない人というのは一定数います。審査に落ちるということはそれなりの理由があるのです。

 

そもそもの収入がない

基本中の基本ですが、借りたお金は返す必要があります。収入がない人は返済できませんから融資してもらえません。例外的に専業主婦などは配偶者に収入があれば借入可能な場合があります。

 

複数の業者から借入している

既に他の業者からの借り入れが沢山ある場合も審査で落ちます。お金に困っていて返済できる可能性が低いと判断されるためです。実際に借入をしていなくても短期間に複数の業者に申し込みをしている場合も同様です。

 

総量規制の上限を超えている

既に他社の借金が総量規制という法律の上限いっぱいの場合も融資されません。総量規制では借金の総額が年収の3分の1までと定められています。なお銀行は総量規制の対象外ですが、あまりにも借入が多い場合は当然審査に落ちます。

 

過去にトラブルを起こしている

返済の滞納や債務整理によって借金を返済していないなどのトラブルは信用情報を調べればすぐに判明します。クレジットカードでの買い物の支払い遅れ等も含まれますので案外これに引っかかっている場合もあります。信用情報は自分でも調べる事ができるので不安なら情報開示請求をしてみましょう。

 

特に銀行ほど審査の基準が厳しくなるので、いくら早い審査回答となるバンクイックの最短審査であるとしてもしっかりと見られています。