MENU

金利を軽減する借り換えの効果を知る

カードローンはどこで借りても同じというわけではありません。サービスの内容や金利にはそれぞれ差があるのです。何も考えずにカードローンを利用していると無駄に利息を支払い続けている場合もあります。

 

特に長期的にカードローンを利用している場合は見直しをしてみると良いかもしれません。現在の金利よりも低い金利のカードローンがあれば乗り換えをお勧めします。

 

特に100万円を超えるような借入の場合は金利が1%変われば年間で1万円もの差がでてきます。カードローンの借り換えの申し込み自体は対して時間のかかるものではありません。

 

1日の手続きで1万円以上も浮くと考えれば重要度がわかるのではないでしょうか。当然借入している金額がもっと大きい場合も金利の差がもっと大きい場合もあります。年間で数万円の差となると大きな差になります。

 

特に利用しているカードローンが消費者金融の場合は乗り換えが有効な場合がとても多いのです。というのも銀行と消費者金融では銀行の方が金利は低い傾向にあります。

 

借入時には審査の早さなどの理由で消費者金融を選ぶ場合もあるでしょう。しかし返済が長期に渡るようであれば途中で乗り換えという選択がお得になるわけです。

 

借り換えであれば審査に多少時間がかかっても構わないので、銀行のカードローンを利用しやすいでしょう。特に低金利で借り換えにも使えるオリックス銀行の借り換えローンであれば限度額が大きくなるにつれて金利が下がるため、負担を抑えられるのです。