MENU

2016/03/18 18:49:18 |
カードローンの申し込みをしても審査に通過できない人というのは一定数います。審査に落ちるということはそれなりの理由があるのです。そもそもの収入がない基本中の基本ですが、借りたお金は返す必要があります。収入がない人は返済できませんから融資してもらえません。例外的に専業主婦などは配偶者に収入があれば借入可能な場合があります。複数の業者から借入している既に他の業者からの借り入れが沢山ある場合も審査で落ちます。お金に困っていて返済できる可能性が低いと判断されるためです。実際に借入をしていなくても短期間に複数の業者に申し込みをしている場合も同様です。総量規制の上限を超えている既に他社の借金が総量規制という...
2016/03/18 18:49:18 |
カードローンはどこで借りても同じというわけではありません。サービスの内容や金利にはそれぞれ差があるのです。何も考えずにカードローンを利用していると無駄に利息を支払い続けている場合もあります。特に長期的にカードローンを利用している場合は見直しをしてみると良いかもしれません。現在の金利よりも低い金利のカードローンがあれば乗り換えをお勧めします。特に100万円を超えるような借入の場合は金利が1%変われば年間で1万円もの差がでてきます。カードローンの借り換えの申し込み自体は対して時間のかかるものではありません。1日の手続きで1万円以上も浮くと考えれば重要度がわかるのではないでしょうか。当然借入している...
2016/03/18 18:49:18 |
カードローンにはいくつかの申し込み方法があります。状況に合わせて申し込み方法を選んでみましょう。まずは昔ながらの店頭窓口での申し込みです。一番基本の申し込み方法になります。窓口で全ての手続きが可能となっています。ただし、現在は店舗自体が減らされているため利用しにくい場合も多いでしょう。窓口まで行かなくても電話とFAXを利用した申し込みも従来通り受け付けている場合があります。続いて最近の利用者が多いインターネットでの申し込みです。現在は大手の業者であればほぼ間違いなくインターネットで申し込みができます。契約まで全てをWEB上で完結する事ができますし、とても便利な申し込み方法です。基本的にカードロ...
2016/03/18 18:49:18 |
複数のカードローンの借り入れを一本化するおまとめローンは、金利を下げられる有効な手段だと言えます。50万円以下の比較的小口の借り入れに対しては、消費者金融では各社の最高金利が設定されます。これは各社とも概ね18%程度のことが多く、このような金利での借り入れを一本化して高額の借り入れにすることで、金利を下げることができます。これには利息制限法という法律が大きく関係しており、100万円を超える融資に対して設定できる金利は最高でも15%までと決められているからです。ですので複数の借り入れを一本化して100万円を超える借り入れにすると、最高でも金利は15%になります。18%から15%に金利が下がること...
2016/03/18 18:49:18 |
カードローンは基本的に収入がなければ利用できません。専業主婦は収入がありませんからカードローンは通常利用できないのですが、中には専業主婦でも利用出来るサービスも存在しています。専業主婦がカードローンを利用するためには銀行のカードローンを利用する必要があります。消費者金融でも配偶者の同意があれば法律上は借入が可能なのですが、配偶者貸し付け制度を利用出来る業者自体が殆ど存在していません。銀行では総量規制が影響ない事に加えて専業主婦向けのサービスを展開しているものがいくつか存在しています。この事から専業主婦がカードローンを利用するためには銀行を利用をした方が良いと言えます。例えば専業主婦でも配偶者の...